ペット生活はじめてさん 猫を飼い始めたら

1.新しい環境に慣れさせるのが第一

1.新しい環境に慣れさせるのが第一

猫を迎えた当日は、環境に慣れさせることを第一に考えてあまりかまい過ぎずに、猫を疲れさせないようにそっとしておいてあげましょう。
もともと猫はよく眠る動物です。さらに子猫にはたっぷりの睡眠が必要です。寝ている時は邪魔をせず、ゆっくり眠らせてあげること。
また、子猫は好奇心旺盛なので部屋を探索します。夜行性の動物でもあるため、昼間は寝てばかりいても夜は運動会のようにはしゃぐことがあります。動くものを見ると急に走り回ったり、とびつくこともあるので、危険なものは片付けておきましょう。

我が家に子猫を迎える日の注意

子猫が寝ている時は邪魔をしない

たっぷりの睡眠が必要です

初日はあまり大勢の人には対面させない

環境が変わっただけでも疲れているので思いやってください

家の探索は存分にさせる

猫は自分の住む環境を納得するまで探索しないと安心しない習性があります

危険なものはあらかじめ撤去

猫が走り回って、壊れたり倒れるものがあると危険。また、糸状のものは猫が飲み込んでしまうと吐き出すことができず命にかかわることもあるので、落ちていないかチェックしておきましょう

2.トイレをしっかり教えよう

2.トイレをしっかり教えよ

犬に比べ、猫は比較的早くトイレを覚えます。トイレはその猫専用のものを用意してください。猫がそわそわして、あちこちニオイを嗅ぎ、床をかくしぐさを始めたら、トイレに連れて行き中に入れてあげましょう。
これを何度か繰り返すうちに、自分でその場所に行き排せつするようになります。猫の入手先から以前使っていたトイレの砂を少しもらって、今のトイレに敷いておくとさらに早く覚えます。
トイレ以外の場所で排せつしていた時は、その尿を拭きとったトイレットペーパーをトイレに入れておきましょう。また、排せつした場所にトイレを設置するのもいいでしょう。

猫のトイレの教え方

1.猫の砂を入れたトイレを決まった場所にセット

猫が落ち着いて排せつできる場所。リビンクの隅などに設置するのがおすすめです。
猫を何度かトイレに入れて砂のある場所を教えておきます

2.猫がトイレを探すしぐさをする

トイレに連れて行き、中に入れて排せつさせます

3.自分でトイレ行くようになる

2を何度か繰り返すとトイレの場所を覚え、自分からトイレで排せつするようになります

猫のトイレの教え方

猫のトイレは1頭1台

複数の猫を飼う場合は、それぞれにトイレを用意しましょう

猫のトイレは常にキレイに

トイレが汚れていると別の場所で排せつすることがあります。
不適切な場所での排せつが習慣化することもあるので、猫のトイレはキレイに保ちましょう

3.食事について

3.食事について

バランスのとれた食事を与えるためには、「総合栄養食」と表示のついたフードを主に与えましょう(※猫には年齢・月齢に合わせたものを与えましょう)。
猫は食事を一度に食べきらずに、食べ残しながら少しずつ食べていくこともあります。一日に与える量を決めて、数回にわけて与えましょう。草を食べる習性もありますから、「猫の草」も用意しましょう。さらに、猫は偏食傾向が強く、嗜好(しこう)が偏ると栄養バランスが崩れ、病気にかかりやすくなります。
人間の食べ物をむやみに与えないことも大切。子猫の頃から正しい食生活を心掛けてあげましょう。

常に用意しておこう!

フード

総合栄養食の表示があり、年齢・月齢にあったものを与えましょう

新鮮でキレイな水をいつでも飲めるように出しておきましょう

猫の草

公園などに生えている草は、除草剤や伝染病に汚染されている可能性も
自宅で食べられるように育てるのがおすすめです

4.健康管理とワクチン接種

4.健康管理とワクチン接種

捨て猫の場合はもちろんですが、購入した場合もなるべく早く動物病院へ連れて行き、健康診断を受けさせましょう。
特に猫のウイルス性疾患にかかっている場合は、早期の治療が大切です。母猫から病気を受け継いでいる場合もあるので、きちんと検査をしてもらいましょう。
病気でない場合も予防するワクチン接種が必要です。生後2カ月と3カ月の2回受けた後、毎年1回の接種しておきましょう。
また、ノミなどの予防も獣医師に相談して、きちんと対策をとっておくのをおすすめします。

ワクチン接種で予防できる主な病気

猫ウイルス性鼻気管支炎

猫のインフルエンザなどともいわれる鼻水などの出る感染症
子猫には致命傷になることもあります

猫カリシウイルス感染症

くしゃみ・鼻水、せき、発熱などの症状があり、猫風邪と呼ばれる感染症の一種。子猫には致命傷になることもあります

猫汎白血球減少症(ねこはんはっけっきゅうげんしょうしょう)

血液中の白血球が極端に減少する、死亡率の高いウイルスによる病気です

ページの先頭へ

5.身元がわかるようにしておこう

5.身元がわかるようにしておこう

ちょっとしたアクシデントで迷子になっても、猫は自分の名前や住所を伝えることができませんから、できるだけ迷子札をつけておくのをおすすめします。
また、マイクロチップも迷子や盗難防止になります。マイクロチップとは犬や猫の体内に獣医師さんが専用の注射器で埋め込む、15桁の数字が入った個体識別のデータのこと。
動物保護施設などに保護されるとAIPO ((社)日本動物保護管理協会)のデータベースで照会があり、ペットの身元が判明します。身元が判明した場合、飼い主に連絡が入るシステムになっています。新しい家族である猫を大切に思うなら検討してみてください。

身元を伝える方法

迷子札

カラーにつける小さくてお洒落なタイプもあります。外出する時は必ず付けておきましょう。

マイクロチップ

犬や猫の体内に埋め込む、個体識別のデータ。施設に保護された時に連絡があります。

6.なでながら健康チェックを

6.なでながら健康チェックを

猫は無理に触ると怒りますが、自分がなでてほしい時にはそばに寄ってきて、ひざに乗るなどの行動をみせます。
そういう時は優しくなでながら、異常がないかもチェックしましょう。ただし、猫は長時間なでると許容範囲を越えた時に豹変するので注意してください。
耳を平らにしたり、しっぽをパタパタさせたり、足であなたの手をはねのけたら「もうやめてほしい」というメッセージ。これらのしぐさをし始めたら、早めに手を放しましょう。
また、特定の場所を触ると怒る場合は痛みによる攻撃かもしれませんから、獣医師に相談を。歯磨きなど子猫の時から慣らしておくのが理想的です。

チェックしたい箇所

目ヤニが多く出ていないか確認しましょう

耳アカがたまっていないか確認しましょう

全身

触って痛がる(嫌がる)ところがないか確認しましょう

鼻水が出ていないか確認しましょう

毛艶があるか確認しましょう

ページの先頭へ